DG1サポートへようこそ

購入プロセス 購入プロセス
設定 設定
購入プロセス ショップ
マーケティング マーケティング
サイト構築 サイト構築
オンライン予約 オンライン予約
テンプレート テンプレート
更新情報 更新情報

顧客情報のインポート

navodila

顧客情報をマーケティングにインポートするには、まずCSVファイルを作成する必要があります。CSVファイルを作成するには、エクセル等のスプレッドシートから顧客情報詳細を入力してください。顧客情報は顧客ごとに一行ずつ入力してください。顧客情報によっては、新しい属性として事前にマーケティングから属性を追加しておく必要があります。これらの属性の作成手順については、当マニュアルのマーケティング属性およびチュートリアルをご参照ください。

【注意事項】
CSVファイルに入力する顧客情報には、最低でもひとつは識別子が必要です。システムで認識される識別子には、ID、コード、Eメールアドレスがあります。

  • 顧客のIDは、初回インポート時に自動生成され、それぞれの顧客に振り当てられます。その後、IDを指定することで、顧客情報を更新を実行できます。
  • コードは自動生成されますが、インポート時に入力することもできます。
  • Eメールアドレスは、顧客のインポート時に自動認識されます。

インポートが完了したら、顧客一覧から情報を見る view をクリックすると、IDとコードを確認することができます。

顧客情報をインポートする前に、顧客情報を入力したファイルを作成してください。ファイルに予めコードやEメールアドレスを入力してインポートする場合は、顧客ごとに一度限り有効なコードを入力するようにしてください。Eメールアドレスのみ入力する場合は、IDとコードはインポート時に自動生成されます。
既存の顧客情報のうち、ひとつでも上記の識別子が一致した場合は、新しいインポート時に既存の顧客情報が上書きされてしまいますのでご注意ください。例えば、使用済みのコード「101」を新しいインポートでも使用すると、コードが「101」の既存客が新しい顧客情報で上書きされてしまうため、既存の顧客情報が消去されてしまいます。 誤った顧客データの消去を防ぐためにも、最初のインポートでは、システムで自動生成されるものは入力せずにインポートすることをおすすめします。また、顧客数が増えたら、定期的に顧客情報をエクスポートして、新しい顧客情報を追加し、IDまたはコードで整理してファイルを再度インポートすることもできます。

複数の連絡先がある顧客のインポートについて
複数のEメールアドレスなど、同タイプで複数の連絡先情報がある顧客をインポートする際は、まずひとつの連絡先のみインポートするようにしてください。同タイプの連絡先情報を複数追加したい場合は、ファイルのインポート後に、手動で入力するようにしてください。
インポートで複数アドレスを追加したい場合は、コードで識別できるように、CSVファイルに対象顧客のコードを入力してからインポートを実施してください。

複数の住所がある顧客のインポートについて
複数の住所がある顧客をインポートする際は、各住所を別の欄に入力し、必ず入力必須項目である、姓、名、Eメールアドレス、国、都道府県、郵便番号、住所1(市区町村)、住所2(番地)を入力するようにしてください。これらの必須項目が未記入の場合は、インポートを正常に完了することができませんので、ご注意ください。

私たちはあなた方のためにいます
ご質問やご不明な点がございましたら、ヘルプセンターにお尋ねください。

オンラインサポートセンター

何か問題がありましたら、下記よりお問合せください。サポートチームが可能な限り迅速に対応してご返信いたします。

問い合わせる

電話対応

新型コロナウイルス対策の強化に伴い、当面、お電話によるサポートを休止いたします。
お手数ですが、画面左下の「ヘルプ」ボタン、もしくはメールにてお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。なお、対応時間は平日の10:00から18:00となっております。

メールで問い合わせる
ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください